【セックスレスは離婚の理由になる?】別れないで夫とセックスしたい

【Q&A】セックスレスで離婚を考えている

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

こんにちは、レス兄です。

 

このページでは、セックスレス経験者である、レス兄が、
女性特有の、セックスレスについての悩みと、その解決方法
を掲載しています。

 

性の悩みは、デリケートな問題だけに、誰にも相談できずに、
ひとりで悩んでいる、女性が多いと思いますので、このページを
読んで、少しでも、心が軽くなっていただけたら、幸いです。

 

では、はじめていきましょう。。

 

 

 

※このサイトに書いてある内容は、様々な書籍で書かれている、
 科学的、精神学的に証明された、内容をもとに説明しています。
 多少主観も入っていますが、私が、個人的な意見を、適当に
 話している訳ではありませんので、その点は、ご安心ください。

 

参考書籍一覧↓
セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

 

 

今回の相談は、『主人との夜の営みが、まったくなくなってしまった。
私から誘っても、断られるだけ。正直、離婚も考えています。
セックスレスだから、離婚を考えるなんて、おかしいでしょうか?』
という悩みです。

 

 

セックスレが原因で、離婚を考える女性は、
実は、結構、多いのです。

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

 

デリケートな悩みだけに、誰にも相談できずに、
ひとり、悶々とした気持ちが消えずに、悩んでいる人も多いのでしょう。

 

いっそのこと、外で解消すればいいと考えるのですが、
貞操観念が強い方や、子供のことを考えると、そんなことできない
などの理由から、自分が我慢すれば、それでいい。

 

そんな考えに行きついて、今日を迎えていると思います。

 

ですが、それも限界に近づいているのでしょう。

 

パソコンを開いて、このページにたどり着いているのが、その証拠です。

 

 

 

 

 

あなたは、ネットで色々なことを調べているのではないですか?

 

・セックスレスが原因で、離婚はできるのだろうか?
・慰謝料は、取れるのだろうか?
・子供の養育費は、取れるのだろうか?
・そもそも、セックスレスが原因で、離婚している人なんているのだろうか?
・自分が、特別、変な人間で、贅沢を言っているのではないだろうか?
・裁判になったら、どのくらいの、費用が掛かるのだろうか?
・裁判になったら、どんな証拠が必要なのだろうか?

 

 

 

 

女性にとってのセックスは、愛情の証だったり、
女性としての、評価だと、感じる人もいるくらいですので、
セックスがない自体、女性として、生きていないと、
感じてしまうのも、無理はありません。

 

ホルモンレベルで考えても、ごく自然な、考えです。

 

性をつかさどる、ホルモンであるエストステロンの分泌が、
男性では、19歳にピークを迎えるのに対して、女性では、36歳にピークを迎えます。

 

ホルモンからの指令に、応えられないでいると、そのフラストレーションが
形となって現れ、イライラしてしまったり、情緒不安定になってしまうのも、
仕方がないことなのです。

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

多くの方が抱える、セックスレスの弊害↓

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

セックスレス,離婚,理由,別れない,夫とセックスしたい

 

1.精神的にも余裕が無く、イライラすることがある。
2.イライラする為、子供にも、当たってしまうこともある。
 最悪、手を挙げることも、最近になって出てきた。
3.主人にも、優しくできなくなってきた。
4.家庭を捨ててでも、浮気や不倫も、考えてしまう自分がいる
5.子作りを考えている場合、セックスレス=子供を産むのを諦めなくてはならない。
 年齢のことも考えると、余計に焦りが出て、主人を憎らしく思えてきた。

 

 

 

 

 

まず、セックスレスでの離婚は、可能かどうかですが、
過去の判例を見ても、離婚理由に相当すると考えられます。

 

 

過去の判例抜粋↓

1.東京地方裁判所平成19年5月28日判決(判例秘書)

 

婚姻関係中に性的交渉を持たず、引いては離婚を余儀なくされたとする
不法行為に基づく100万円の損害賠償請求を認めている。

 

2.福岡高裁平成5年3月18日判決:判例タイムズ827号270頁
原審判決の慰謝料120万円を認めている。

 

被控訴人と控訴人との性交渉は入籍後約5か月内に2、3回程度と極端に少なく、
平成2年2月以降は全く性交渉がない状態であるのに、反面控訴人自身はポルノビデオを見て自慰行為をしているのであつて、
性生活に関する控訴人の態度は、正常な夫婦の性生活からすると異常というほかはなく、
これらの点を指摘する被控訴人に対して、控訴人は、一旦は改善を約しながら依然として改めていないこと、
被控訴人は、控訴人への愛情を喪失し、婚姻生活を継続する意思が全くないこと等の事情からすると、
控訴人と被控訴人との婚姻生活は既に破綻しているものといわざるを得ず、被控訴人と控訴人との間には
『婚姻を継続し難い重大な事由』があると認めるのが相当である。

 

 

法律で認められている、離婚理由は以下通りです↓

1.不貞行為
2.悪意の遺棄
3.生死3年以上不明
4.強度の精神病で回復の見込みがない
5.婚姻を継続しがたい重大な事由ある

 

この判例では、セックスレスが、5の婚姻を継続しがたい重大な事由ある
に相当するという、判決が言い渡されています。

 

このことからも、セックスレスは、立派な離婚理由に
該当するようです。

 

 

ですが、まずは、離婚を決断する前に、
あなたが男性の気持ちを、理解するところから、
セックスレス解消の準備を、はじめてきましょう。

 

男性の本音は、こちらにまとめましたので、
参考にしてください。


このページの先頭へ戻る