不妊治療が原因でセックスレスに!排卵日のセックスを拒否する旦那

【Q&A】不妊治療中で排卵日のセックスを拒否する夫

不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

こんにちは、レス兄です。

 

このページでは、セックスレス経験者である、レス兄が、
女性特有の、セックスレスについての悩みと、その解決方法
を掲載しています。

 

性の悩みは、デリケートな問題だけに、誰にも相談できずに、
ひとりで悩んでいる、女性が多いと思いますので、このページを
読んで、少しでも、心が軽くなっていただけたら、幸いです。

 

では、はじめていきましょう。

 

 

 

※このサイトに書いてある内容は、様々な書籍で書かれている、
 科学的、精神学的に証明された、内容をもとに説明しています。
 多少主観も入っていますが、私が、個人的な意見を、適当に
 話している訳ではありませんので、その点は、ご安心ください。

 

参考書籍一覧↓
不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

 

 

 

今回の相談は、『子供が欲しいので、不妊治療中です。
最近、排卵日のセックスを要求しているのですが、その日に限って、
残業をわざとしてきて、セックスしたがらないんです。
夫は、子供が欲しくないのでしょうか?』という悩みです。

 

不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

 

月に1〜2回程度の、セックス。

 

もともと、セックスレス気味で、それでも、子供が欲しい場合、
確率を考えて、排卵日のセックスを求めた結果、
旦那さんが、セックスを避けるようになった。

 

奥さんは、積極的に不妊治療を、がんばっているだけに、
旦那さんは、協力的でないと、傷つくものです。

 

 

夫は、子供が欲しくないのだろうか?
私への愛情は、なくなってしまったのだろうか?

 

そんな協力的でない夫の行動に、怒りと、悲しみ、
失望が入り混じった、気分になってしまっています。

 

ですが、この時、旦那さんは、別のことを考え、そして、苦しんでいたのです。
このすれ違いは、不妊治療について、旦那さんはどう思っているのかが、
ポイントになってきます。

 

 

旦那さんと、奥さんの不妊治療についての、
考え方の違いについて、見ていきましょう。

 

 

 

奥さん↓
不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

セックスの回数が少ないことには、以前から、疑問に思っていた。
そのことを、主人に話しても、一向に、改善は見られない。
年齢も、年齢なだけに、そろそろ、子供が欲しくなってきた。

 

このまま、自然に任せていたら、いつになっても、
子供を身ごもることはできない。

 

だから、不妊治療を受けることにした。
夫も納得してくれていると思う。

 

 

 

旦那さん↓
不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

本当は、子供を授かる、授からないについては、自然に任せたい。
でも、妻の希望をかなえてあげたいので、不妊治療を受けることに
同意した。

 

だた、毎月、排卵日にセックスすることを要求される。
自分は、ただの、種馬のような扱いを、受けている気になってきた。
セックスとは、こんな形式的なものではない気がする。

 

病院でも、自分の精子の検査をさせられる。

 

男性としての自信もなくなってきた。
今日も、排卵日だから、早く帰ってきて欲しい、言われた。
正直、毎月、排卵日が来るのが怖い。

 

セックスをするのも、辛くなってきたし、
最近になって、こんな思いをするくらいなら、
子供はいなくてもいいと、思うようになってきた。

 

 

 

不妊治療を受ける夫婦は多いが、女性の場合は、積極的に受けるのに対して、
男性はというと、自分の男としての、欠陥を指摘されているような
気になってしまい、消極的になってしまうようだ。

 

決して、奥さんを愛していない訳ではないし、
子供が欲しくない訳でもない。

 

ただ、快楽を抜きにした、機械的なセックスをすることで、
自分が子供を作るための、道具になっているのではないか?
そんな疑問が、頭から離れられなくなる。

 

 

 

女性が思っている以上に、男性の性に対するプライドは、
敏感で、簡単なことで、壊れてしまうものなのだ。

 

はじめての、セックスで、あそこが立たなかっただけで、
その後、EDになってしまう人もいるくらい、
男の性に対する、プライドは、繊細なものだと、認識して欲しい。

 

不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

 

不妊治療,原因,セックスレス,排卵日,セックス,拒否,旦那

 

面倒だと感じるかもしれないが、不妊治療を行う場合は、
常に、意志の疎通を図る、必要があると思います。

 

そして、男女のすれ違いを防ぐためにも、
男女の性に対する、認識の違いを、知っておくことを
おススメします。


このページの先頭へ戻る